格段の理由がなく

-

-

ノートPCのディスプレイの前に座り、絶えず上下動している相場を見ると理由無く売り買いをしなければならないという抑えようのない気持ちに駆られる事も少なくないと思います。メタルマッスル 口コミ

だけど、あやふやな感覚でエントリーするのだけは避ける必要があります。バイクローン審査落ちた?低金利おすすめは?【頭金は必要?】

知っての通り、マーケットは年中、常時どこかの国で外国為替市場がやっているし、マーケットも常に、変動しています。アルケミー 口コミ

しかし、立て続けにエントリーを積み重ねるとその回数だけ損失を被る危険性が高くなってしまいます。アイキララ

当然の事ながら、売り買いの回数を重ねることによって、結果的に儲けられる確率が五分五分になっていくのは事実です。ミュゼ上野

でもこの事は「漠然とした感覚で注文」してしまうこととは別問題です。新橋脱毛サロン

取引回数を積むという意味は自分で「ここは勝てる」と思える感覚を得たケースでのエントリー回数を積むという事です。アイフル金利

格段の理由がなく、連続してエントリーを繰り返すのとは明確に違います。脱毛東京

為替相場の戦いに臨むには自ずから考えてけじめをつけることが必要です。リメリー 口コミ

「ここは!」とよく考えた外国為替市場の時にはいっそのこと持っているポジションを積み増して、意識して利益を狙います。脱毛ラボ町田

「頭をかかえる市場でどう上げ下げするのかわからないな」と思ったならばいっそのこと売買ポジションをひとつ残さず閉じて放置します。

これぐらいのメリハリがあったほうか最後にトレードはうまくいくものだ。

外国為替市場の金言には「休むも相場」というものがある。

実に言葉どおりだと感じます。

相場とは、売買ポジションを持つことが全部ではなくどのポジションも所持せずじっと見ていることも場合によっては、取引です。

それならば、どういう時に休むべきなのでしょうか。

ひとつめは、先述した通り、現在の市場がしっかりと理解できない時です。

ドル高になるのか、ドル安になるのかが決める事が出来ない時は、考え無しで行動すると、自身の思ったストーリーとは逆方向に外国為替市場が動いてしまい損失を被ることになる。

だから、こういう状況ではポジションを閉じ静観しているのが唯一出来る事です。

もうひとつは、己の体調がすぐれない時。

体の状態と相場に影響ないと思う投資家もいるだろうが。

思ったより関係がある。

体の具合が変な時は、市場の大事な場面で、冷静な判断を下すことができない。

気分が進まない時は市場から離れてみるのも重要な事です。


Site Menu

http://www.cleaningservicebergen.com/ モビット金利 ライフティ審査
Copyright © 2000 www.fraternidaddelsur.org All Rights Reserved.