www.fraternidaddelsur.org

-

-

普通の初心者向けのFX取引の雑誌では「損をした場面ではナンピン買いによってポジションの買い付けコストを小さくする」等と書かれていると思いますが、実際はそこにはかなりの落とし穴があると思います。まず、ナンピンの仕組みに関して分かりやすく記述します。ひとつの例として100円で1ドルを買ったとします。$(ドル)買いですから、ドル高に動くほど儲けが出るわけだが、思っていたのとは逆に1ドルが95円まで円高ドル安に推移したとします。この場面で持ち続けたとしたら損失が戻るためにはマイナス分、円安ドル高に向う必要があります。誰もがみんな、赤字は早く0にしたいと考えます。ここで最初に売買したのと同額の$を1ドルを95円で売買します。そうしたら、全体の買い付けコストは97円50銭まで抑える事が出来ます。言い換えると、2.50円の幅で円安に向えば、赤字を取り戻す事が出来ます。この流れがナンピン買いの理屈です。ナンピン買いの理屈を知ると「確かに」と考えたりするが、外国為替市場は易々と思い通りにはいきません。そもそも、1ドル=95円より下がらないとは誰も分かりません。たとえば、為替相場が相当の円高動向であれば、1ドル95円ではとどまらずより円高に進む危険性は高いです。一例として、1ドル=97.50円でナンピン買いをするとしても1ドル95円まで円高が速んだら、ナンピン買いした分についても、差損が生まれてしまいます。その状況では、一番初めに売買したドルとトータルで、より大きなマイナスを被ることになる。この通り、ナンピン買いは難しいのだ。それなら、マーケットが脚本とは反対にさっと進んだ場合どのような対策で危険を避ければいいのでしょうか。ここで取れる術は2つ。最初のひとつは執着しないで、損切りをすること。ふたつめは、その時に、保持しているポジションを少なくする事によって、再度為替相場が戻るのを大人しく待つことだ。だいぶ受動的な手段だと感じる人もいるでしょう。だが、自分の持っているポジションに為替差損が生じた場合、一番リスクが低い手法はこれ以上のものは期待できない。ロジックのうえではナンピン買いするという手法もありえます。けれどもナンピンはあなたが損をしている場面にもかかわらず、ポジションを整理するどころか、遂に買いポジションを積み重ねていく方法である。これでは、危険を管理することなど、到底可能ではないと考えたほうがいいです。ナンピン買いを続ければやがては勝てるかもしれません。でも、そうなる前に資金はショートしてしまいます。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.fraternidaddelsur.org All Rights Reserved.