www.fraternidaddelsur.org

-

-

現実にパソコンの。画面の前に座って、リアルタイムで上下している相場を目を向けていると、すぐに注文をしなくてはいられない衝動に突き動かされる方も少なくありません。しかし、不確かな勘で売買することだけは、絶対にしてはいけません。知っての通り、為替相場は1日中常時どこかの国の為替市場が変化しているし為替相場もどういう時でも変動している。しかし、だからといって何度もトレードを繰り返しているとそれだけ損失を被る率が高くなります。もちろん、注文の数を重ねることによって、少しずつ利益を上げられる確率か半々になります。けれどもその事は「漠然とした勘で注文」することとは別の問題です。取引回数を増やすとは自分が「ここで勝負」と思える感覚を得たケースでの売り買いの回数を増やすという事です。ただ、のべつ幕なし取引を積むのとは大きく異なります。為替相場の戦いに臨むには、あなたが深く考えてけじめをつけることこそが大事です。「ここは勝てる」と感じた相場の時には迷うことなくポジションを積み増して、利益を追求する。「かなり頭をかかえる相場で、どう動くのか考え付かないな」と思った時は潔く所持ポジションを全部閉じて何もせず静観します。それぐらいのテンポでやった方が、売買は儲けられます。市場の金言には「休むも相場」というものがある。まさにその通りです。取引とは、休みなく売買ポジションを持つことが重要ではなくどのポジションも所持せず何もしないことも場合によっては、相場なのである。じゃあ、どの場面で、休めばいいのでしょうか。第1に考えられるのが、前述したように、これからの外国為替市場が明確に判断できない時です。現状から円高になるのか、それとも円安になるのかが決断できない時はヘタに動くと、自身の思った台本とは違った方向に相場が向ってしまい、損失を被る事になります。そのような場面ではポジションを0にして、何もせずに静観を決め込むのが最良の方法です。もうひとつの場面は、自分自身のコンディションがよくない時です。健康状態とマーケットに関係しないと感じる方もいるでしょうが大きく影響を与えます。健康状態が変な時は、市場の決断しなければいけない状況で落ち着いた判断を下すことができない。興味がわかない時は、トレードから距離を置くことも必要な事です。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.fraternidaddelsur.org All Rights Reserved.