www.fraternidaddelsur.org

-

-

FX(外国為替証拠金取引)についての面白みは、単品の商品であるのにお金を掛ける期間を短い・普通・長いの3種類の期間からどの期間をチョイスするかということによって投入の方法がまったく変わるところにあると言います。初めに外国貨幣への投入の「長い期間の投資」に関して考えよう。長期スタンスというものは一年以上の出資を基準にしているのです。まず為替レートで一年も先のレートは円高だろうか、もしくは円安かを考えるなんていうことは、多くは無理に近いです。普通は、「後々の状況のことは見当もつかない」と考えるのが現実なのです。予言もできないことをなんとか推測しようと努力したところで、意味のないのです。ですから、外貨を買ったとして、そのタイミングでの買いレートよりも円高になったとしてもそのマイナス分はそのうち返ってくるだろうという気楽な思いで向き合うことが必要です。為替差益を求めることよりも他からの利益、要するにスワップポイントで儲けるというのを、とりあえずのターゲットということでやってみましょう。当然、短期間で為替の差損に損がたくさんなってしまうことがあります。よってそのようなマイナスがあっても大丈夫なよう、レバレッジを少しでやり取りすることがポイントです。FXは差損がある範囲を上回って広がってしまうと、追加保証金が発生したり、もしくは損切りを置くことになります。ロスカットをしたらすぐトレードを打ち切りする必要があり、長期のトレードがストップしてしまいます。この種のリスクを避けるには、レバレッジ2?3倍ほどでやり取りするのが安心かと思います。今度は中期スタンスの売買についてです。中期のスタンスのケースでは、最大でも2ヶ月ばかり先を予想してのやり取りとなります。為替取引の際、およそ1ヶ月ほど先のことであれば、だいたい想定できると考えられます。G7を始めとした世界的な議会の内容や、為替市場で取引している人たちがどういった問題に関心を持っているかを見れば、いくらか推測できるでしょう。ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)を見ながらもチャートを参照することによって為替の動きを理解し、買いポジションか売りポジションかを決めるといいでしょう。基本的に経済の状況とジャッジの両方で良い方向でありもしくはどちらも買い傾向が同じ時はまずその方向に動くと考えて問題ありません。そうした時は保有高を増やしておく事でもっと多くのリターンを獲得できるでしょう。3つ目に短期の重要点です。この短期のトレードが指しているのは言い換えればデイトレのことを指しています。為替相場でデイトレを行う場合は、経済の状態はまったく関わりがないと断言していいです。というのもあくる日の為替のレートの動向に、ファンダメンタルズは関係がないからです。この場合狙いどころは注目される出来事がある際そのおかげで為替の相場がかなり変動する時を狙ってやり取りしましょう。例として、米国で雇用情勢が公表される、もしくは金融会議などにより制作金利が変化するくらいのイベント。こんな一瞬の変動を逃さないといったわけで、短期トレードは様々な知識が必要になる。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.fraternidaddelsur.org All Rights Reserved.