www.fraternidaddelsur.org

-

-

「スプレッド」とはFX取引は通貨ペアを取引して収益を狙う商取引です。トレードの値は変動しています。それが為替市場です。テレビのニュースをみていると、外貨の為替レートの話題が流れる場面があります。見かけるのが、「今のマーケットは80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。これは80円50銭から80円52銭の幅の中で売り買いされているという事ではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを意味しています。言い換えると、売買には買値と売値の2つの値が存在します。売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表しているFX会社も存在しています。いつもは売値の方が買値よりも小さく決定されています。私達が買値は高く、売値は安くなるはずです。その差額をスプレッドといい、FX取引会社の利益となっています。スプレッド幅は取引会社によって変化します。スプレッドの広さは自分自身にとって経費になるので狭い取引会社をセレクトしたほうが有利です。ただ、同じFX会社でも場合によってスプレッドの広さは変わります。もしも日常的には円とドルのペアで1銭のスプレッドの狭さだとしても為替相場の動きがとても大きいときには大きくなったりするのです。という訳で、スプレッドの広さが狭いのと共に変化しないということが必要です。この頃では決まったスプレッドの広さを見せるFX会社も多く存在しています。現実にFX取引会社の売り買い画面の上でマーケットを確かめなければ評価できないので手間がかかりますがとても大事な事です。大切な資金を投じて取引するのですから現実の売り買いの前に、関心がある会社の新規取引口座開設を試して、スプレッドの広さを確かめましょう。同じペアでも、状態によって外貨のスプレッドの広さは異なる場合があります。いつもはインターバンクで売買高が多いペアではスプレッド幅が狭くこの他の通貨ではスプレッドの幅が広がるのが普通です。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.fraternidaddelsur.org All Rights Reserved.